モンテッソーリ教具「ピンクタワー」は子どもにとって魅力がいっぱい

幼児教育ランキング

モンテッソーリ教具で有名なものに、大きさや数字の感覚を身につけるための「ピンクタワー」と呼ばれる大きさの異なる正方形のブロックがあります。

大きさが異なる立方体の教具で、大きさや形の比較を覚えることができるモンテッソーリ教育の教具ピンクタワーは、モンテッソーリ教育の代表的な教具となっています。

大きさの異なるピンク色の立方体を積み上げたり並べたりすることで、ものを比較するという感覚的な概念を学んでいきます。

目次

【大きさを見分ける力をつける】

モンテッソーリ教具「ピンクタワー」は、大きさの異なるピンク色の木製立方体10個からなる教具です。

この教具は、感覚を育てる教具に位置づけられており、サイズが異なる立方体を積み上げながら、大きさを見分ける力(視覚)を育てます。

対象年齢は2歳半からが目安とされていますが、子どもが親指・人さし指・中指の3本指でつまめるようになってからが適していると言われています。

【数の感覚が身に付く】

ピンクタワーの立方体10個のサイズは、大きい順に1辺が10cm、9cm、・・・、2cm、1cmと、1cm刻みで小さくなり、縦・横・高さの三次元の変化から「大きさ・体積・量の変化」を見て感じることができます。

色においても、子どもが大きさだけに集中できるように、ピンク1色に統一されています。

そのうえ、立方体の個数や1辺の長さ、大きさの変化には、それぞれ意味があり、将来の算数教育の準備にもなります。

体的には、10個という個数から十進法の感覚を、1cm~10cmの長さから国際基準のメートル法の感覚を養うようなっています。

加えて、1辺10cmの最大立方体は、1辺1cmの最小立方体の1000個分になっており、子どもが「1000」という数字に出会った時の「立方体の形」と「数」を結びつける役割もしてくれるのです。

【曖昧から明確に】

大人は何気なく「大きい・小さい」を使っていますが、子供にとっては抽象的で理解しにくい言葉のようです。

この「大きい・小さい」という曖昧な概念を、立方体の大きさの違いを利用して、具体的に示すことができます。

では、どのように伝えるかというと、立方体同士を比べながら次のように紹介します。

  • これは、大きい/小さい
  • これはこちらより、大きい/小さい
  • これは一番、大きい/小さい

こうすることで、子どもは自分の中に明確な大きさの概念を形成することができます。




【指先から覚える感覚】

ピンクタワーで遊んでいると「大きさ感覚」が育まれます。

なぜなら、立方体をつまみ上げるにつれて、「指の開き具合」と「見た目の大きさ」が結びついていくからです。

実際に、大きさ・重さの異なる立方体を3本指で持ち上げてみると、指の広さや力加減の変化を感じることができます。

この「つまむ」動作を繰り返すことで、大きさ感覚を体で覚えてしまうのです。

【子どもが自分から気づく】

ピンクタワーは、積む順番を間違えても、子どもが自分で気づけるようになっています。

間違えたまま積み上げると、小さい立方体に大きな立方体が挟まれ、不格好な中膨れの塔ができあがります。

その不格好さが「変だよ~!」と子どもの視覚に訴えかけ、誤りに気づかせてくれるのです。

初めのうちは大小関係なく積み上げていた娘ですが、何度か積んだり崩したりした後、急に大きい順で積み上げていきました。

このように自分でおかしな所に気づき、修正する様子を見ると、「できるようになりたい」という子どもの強い欲求を感じます。

【集中する理由】

立方体を積むことが、なぜ子どもを夢中にさせるのか?この疑問は、実際に塔を作ってみると分かると思います。

それは、塔の頂上に近づくほど緊張感が増してくるからです。

初めのうちは大きく・重たい立方体で安定感がありますが、積み上がるにつれて立方体は小さく・軽くなります。

特に最後に乗せる一番小さい立方体は、わずかな力でズレてしまいます。乗せる面積も狭いので、息を止めて集中しないと簡単に落ちてしまいます

このスリリングな感じがたまらないのですね。

きれいに積み上げるには、腕や手の位置を精度よく決める必要がありまsu.

ピンクタワーが、集中力や器用な手先を育ててくれると言われるのも納得です。

【まとめ】

ピンクタワーは積み方・並び方を変えるだけで見栄えが大きく変化します。これは子どもとって不思議なことのようです。

自分が想像したものを作り出す喜び工夫から発見した喜びをいっぱい感じることができるのも、ピンクタワーの魅力ですね。

美的感覚まで養われているかもしれないと思うと、子どもの将来にワクワクしてしまいます。

子どもの可能性をめいっぱい発揮できるように考えられているからこそ、子どもを魅了してやまないのでしょう。

特に3歳前後の積むことが大好きなお子さんにとっては、よだれが出てしまうほどの魅力があると思います。

子どもと一緒に、塔のてっぺんに小さい立方体を積む時の、ドキドキ感を味わってみるのはいかがでしょうか。

幼児教育ランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次